ただの虫好きの日記

山口県東部で甲虫・ザトウムシ・アリ・水生昆虫などを採って遊んでいます。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。連絡先⇒kawaanago0305@yahoo.co.jp

オオトビサシガメ

2016年、初めて採集した虫はカメムシでした。 洗濯物を干そうとカーテンを触ったときに落ちてきて、最初はいつものキマダラカメムシかと思ってましたが、よくみるとオオトビサシガメでした。 山地にいる樹上性の種らしく、個体数は多いようですが、コップを…

古本屋めぐり他

かなり長い間、ブログを更新していませんでした…。 採集にもいっておらず、ずっと溜まっているラベル付けをしていたわけでもなく、ムシ関係はほぼストップ状態でした。 でもその間に、お世話になっている先生や大先輩のおかげで、オサムシ関係の報文を書くこ…

Yオサムシの少し古い標本から指状片を取り出す。

ムシ採りに行けてないし、新しい標本も作ってないのでネタがありません。オサ堀りに行きたいなぁと考えつつ、がっつりサボっております。有益な情報を発信してる訳でもない自己満足のブログなんて誰も見てないでしょうが、少し昔の標本をいじらせてもらう機…

北九州市立いのちのたび博物館

北九州市に用事があったので、ついでに北九州市立いのちのたび博物館を見学してきました。 自家用車で九州に行くのはじめてだったので、なんとなく往路は下道で復路は高速道路でと関門海峡を2つのルートで渡りました。下道は海底トンネルで高速は関門橋です…

成熟したヒトハリザトウムシ

今年の春頃に見付けたヒトハリザトウムシは幼生でした。本種は秋頃になると成熟して黒くなり背中にトゲが現れるとのことだったので、先日確認しにいってきました。春にみたところと同じ場所に複数のヒトハリザトウムシを確認しました。 上の生態写真は10月…

ハリガネムシに関する講演会

ハリガネムシの専門家である、S藤さまの講演を聞きに行ってきました。 会場は豊田ホタルの里ミュージアムで、講演会のみだと入場は無料でした。ちなみに博物館の入館料は驚きの200円です。展示も濃いものばかりで、かなりお得です。 講演会前の様子。 学芸…

カラカネゴモクムシ

昨日の外灯採集で初確認しました。カラカネゴモクムシPlatymetopus flavilabris (Fabricius, 1798) 光沢がなく特徴的です。初めて見たので珍しい種かと思ったら、普通種でした。まだ全然ゴミムシのことわかってませんね( ё )あ、昨日の外灯ではツヤドロムシ…

イクビモリヒラタゴミムシ

ザトウムシ幼生を狙ったシフティングで落葉中から得られました。イクビモリヒラタゴミムシColpodes modestior Bates, 1873 前胸背板の形状と毛の位置が里山のゴミムシのイクビモリヒラタゴミムシと完全一致したので、本種と判断しました。

ウミホソチビゴミムシ

体長2mm弱の小さいホソチビゴミムシです。 体長が小さいことと、黒っぽい色をしていること、潮間帯で得られたことから、ウミホソチビゴミムシPerileptus (Perileptus) morimotoi S.Ueno, 1955と判断しました。標本は2個体しかありませんが、生息地での個体数…

オオヨツアナミズギワゴミムシ?

ネットや図鑑をパラパラみて、見た目や体長がもっとも似ていたのがオオヨツアナミズギワゴミムシBembidion nuncaestimatum Netolitzky, 1939でした。上から見ると、上翅の中央に1対、その上の方に1対、合計4つの窪みが確認できます。 ですが、上翅末端部付…

オオアオモリヒラタゴミムシ

体長は12mm前後で大きくて、ピカピカで綺麗なゴミムシです。灯火によく飛来してました。 オオアオモリヒラタゴミムシColpodes buchanani Hope, 1831 似てる種が何種かいるようですが、上翅の肩の部分(第5条溝)がへこんでいるので、オオアオモリヒラタゴミム…

オオヒラタトキリゴミムシ

ここ3日ほどで、採集したゴミムシの標本を見ています。肉眼でわからないポイントはコンデジで撮影して確認をしています。そのときに撮った写真をこれからちょこちょこアップさせてもらいます。 2014年に採集したゴミムシはたった70種ほどでしたが、にわかな…

ゴホンヤリザトウムシ?

下の写真は4月に自宅近くで採集したゴホンヤリザトウムシSystenocentrus japonicus Hirst, 1911です。 つづいて下の写真は6月~7月にR漢山で得た種です。後ろ2本ははっきりとトゲが確認できますが、前の3本は微妙です。 同一種でしょうか。 難しい…。

サスマタアゴザトウムシ(幼生?)

今年採集したザトウムシの標本ビンを、1時間ぐらい眺めてました。 4~6月にとった標本は同定ラベルが入っていませんでしたが、今ならある程度わかるものも多いです。 特に、サスマタザゴザトウムシNipponopsalis abei (Sato&Suzuki, 1939)の幼生が採れてい…

ザトウムシメモ (岩国市のザトウムシ)

フシザトウムシ亜科 ◎・ゴホンヤリザトウムシSystenocentrus japonicus Hirst, 1911 ◎・(ヒトハリザトウムシPsathyropus tenuipes L.Koch, 1878) ・オオナガザトウムシMelanopa grandis Roewer, 1910 ・イラカザトウムシGagrellopsis nodulifera Sato et S…

ザトウムシメモ(学名・体長・分布一覧)

ザトウムシの学名をいちいち調べるのが億劫なので「日本産土壌動物 第二版 分類のための図解検索」(2015)と「山口県のザトウムシ類」(2013)を参考に、学名などをまとめました。上記の文献では50数種が載っていましたが、日本では81種のザトウムシが確認され…

ヤノクチナガオオアブラムシ

ケヤキ?にアリがたかっていました。 アリが巣を作っているのだと思っていましたが、崩してみると変な虫が多数いました。 グーグル先生で検索をかけると、ヤノクチナガオオアブラムシStomaphis yanonis Takahashi, 1918というアブラムシであることがわかりま…

アカサビザトウムシ モエギザトウムシ

昨年、周南市Y代でピットフォールトラップを仕掛けているときに、かなり脚の長いザトウムシを見かけたのをずっと覚えています。 当時はザトウムシに関心がなかったのでスルーでしたが、今になって気になって仕方なくなり、確認のために先ほど行ってきました…

洪水時採集

よく聞きますが、いままで経験が無い洪水時採集に挑戦してみました。教えてもらったりしたことはないので、ネットや文献などで得た情報から、出水時に流されてきた流木等が集積した場所でそれに張り付いて流されてきた昆虫を採集するというものと勝手に解釈…

アオマツムシ

知り合いの方から、T君これなんじゃろ…と渡されましたが、バッタ目はわからないので、なんでしょうねぇとしか言えませんでした。 買ったままほとんど開いてなかったバッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑(北海道大学出版会)で調べると、アオマツムシ…。名前…

N町でのザトウムシ探索

交換用のオサムシ(各30ペアずつ…!)を採集するためにピットフォールトラップを仕掛けていたので、仕事終わりにそれの回収へ行きましたが、予期せぬ大雨などで、まさかのヌル。悔しいので周辺で10分ほどザトウムシを探しました。 するとまさかの採集したこと…

自宅近くの外灯での採集

昨日は久しぶりに近所の外灯下を見て回ってました。 甲虫もほかの昆虫もかなり減っていましたね。 ゲンゴロウやガムシ、ヒメドロムシ類などの水生甲虫はほとんどいませんでした。ヒメドロ以外の小さいのがちょこちょこいるぐらい。 コガネムシ類は少し減りま…

ヒメガムシとコガムシ

自宅近くの外灯で採集しました。 昨年度はコガムシは採集できず、ガムシとヒメガムシのみでした。 コガムシは今年5個体確認し、2個体標本にしました。ヒメガムシ、ガムシはよく見かけますが、コガムシはあまり見ないです。 ヒメガムシSternolophus rufipes…

R漢山で得られたザトウムシと甲虫

R漢山の立ち枯れから得たザトウムシ2種です。標高は700m程です。 衝撃の事実ですが、マメザトウムシは9月にはもう既にいなくなっているそうです。9月は時間をとって何回か山に行こうと思っていたのですが…。8月上旬までと思っていた方が良いみたいです。マメ…

よく外灯下で見るコガネムシ3種

よく見るあまり、まったく採集していなかったことに気づきました。 それぞれ標本が1頭ずつしかありません… そしてドウガネブイブイ以外はよくわかりませんでした← ドウガネブイブイAnomala cuprea (Hope, 1839) オオスジコガネ? Mimela costata (Hope, 1839…

念願の面河山岳博物館へ

2週間まえに高知に帰省したばかりですが、 8月30日に某シンポジウムへ参加するために、8月29日~9月1日のあいだ高知へ行ってました。 懇親会の様子です。シンポには309人来られてました。 シンポジウムだけではもったいないので、面河山岳博物館へ行ってきま…

クロスジイッカク

自宅周辺の外灯で8月に初めて得ました。 8月以降は行くたびに複数個体見られます。 4月から60回以上通って今までは見れなかったのと、初確認から毎回確認されるようになったことから考えると、成虫は8月以降に発生するのでしょうか。 外灯に来る虫の数自体が…

アリモドキの不明種と生息環境

仕事の休憩中、石段に座って何の気なしに手を置いたところを眺めていたところ本種を発見しました。 体長は2mm弱と小さいです。 常に歩き回っていました。アリモドキはスウィーピングで得られるイメージが強かったので、地面?を歩いているのは意外でした。 …

8月上旬に自宅灯火のFITで得たドロムシ・ヒメドロムシ類

8月上旬は雨が多かったり、時間に余裕が無かったので、1日だけしか玄関外灯での採集は出来ていません。 1日しかやれていませんが、その日が一番、ドロムシ・ヒメドロムシ類の個体数が多かったです。 ダウンロードしたヒメドロ関連の文献や、頂いた資料を参…

ちょこちょこ標本作製

フィールドに出る気が少しなくなってきたので、気分転換にタトウを処分していました。 全て山口県岩国市内で得ました。大した虫採ってないですねぇ…。 ツマグロツツカッコウムシTenerus hilleri Harold, 1877 自宅玄関の外灯。昨年も1頭だけ落ちてました。 …

菌類から得た甲虫

岩国市N町K谷川沿い。生きている樹木にベットリ着いた菌類(まったくの無知なので、何の仲間かすら不明。写真は間違えて消してしまいました。)から得ました。 ミヤマヒサゴゴミムシ Broscosoma doenitzi (Harold,1881) かなり特徴的な形態のゴミムシです。癖…

トラップ?

なにかの骨のようなものが紙皿に入れられて放置されていました。 野性動物用の餌でしょうか。それともトラップ? 雨水が溜まり腐敗臭がしますが、それほど強い臭いではありません。 確認出来たのはエンマコガネ類の♀1頭とモンシデムシ類だけでした。 下の骨…

岩国市N町のK谷川沿いの朽ち木から得たザトウムシ2種

久しぶりにザトウムシを…。 他にも1種採れたんですが…小さくてわかりませんでした… サスマタアゴザトウムシNipponopsalis abei 体長は3mm程で小さいのに体長の倍くらいある鎌みたいなのがかっこいいですね。普通種ですが、今まで採れず憧れの種でした。朽木…

N野山のライトトラップ調査で得られたツノカメムシ類

N野山のライトトラップに飛来したツノカメムシを少し頂きました。 陸生のカメムシはあまり採ってこなかったので、初めて見るツノアオカメムシには感動しました。 ツノアオカメムシPentatoma japonica (Distant, 1882) 非常に綺麗なカメムシです。においを気…

N野山でのライトトラップ調査

N野山山頂付近で、Y口むしの会の有志によるライトトラップ調査会が開催されるというお知らせをいただいたので、私も参加させてもらいました。 自宅玄関や自宅周辺の外灯ではよく採集していますが、本格的なライトトラップは初めてでした。また、むしの会の…

岩国市Hの外灯下

梅雨がやっとあけました。 岩国市Hの外灯下での採集を続けていますが、虫の数はかなり減りました。 小さめの甲虫は減りましたが、大きめの甲虫はあまり減っていない印象です。 目新しい種はいなくなりましたが、頑張って通えばまだまだ面白いムシが得られる…

自宅玄関外灯で得られたドロムシ科・ヒメドロムシ科

7月中旬からドロムシ科とヒメドロムシ科がドンドン得られるようになりました。 主に得られるのは下の写真の3種です。 ・ムナビロツヤドロムシElmomorphus brevicornis brevicornis Sharp, 1888 中心と右端の4mm程の比較的大きい種です。個体数は下記の2種ほ…

キボシカミキリ

根元から20cmほどを残して、昨年の冬に切られた錦川河川敷にあるクワを見に行きました。 雑草に覆われてなかなか木の場所が見付かりませんでしたが、草を掻き分けて残った木の根元を確認すると、思ったとおりキボシカミキリがいました。 キボシカミキリPsaco…

岩国市Hの外灯下

夜の気温もかなり高くなってきました。 得られる甲虫の種構成が変わり、種数自体は少なくなってきたように思えます。 キスジミゾドロムシOrdobrevia foveicollis (Schonfeldt, 1888) 7月下旬から出現してきました。本種が見られ始めてから2日遅れでツヤド…

オオモモブトシデムシ

岩国市の某有名飲食店の駐車場看板外灯下で得ました。 ジップロックにいれたまま車内で行方不明となっていたのですが、先日発見しました。 オオモモブトシデムシ? Necrodes asiaticus Portevin, 1922 似ているモモブトシデムシとは、本種が触角の3節目まで…

岩国市T尾でスィーピング

岩国市T尾にて、タモ網で少しスィーピングを…。 夕方でしたし、特に花を狙ったりしていたわけではなく思いつきなので、貧果です。 といってもスィーピングは両手で数え切れるぐらいしかしたことがないので、初採集のものも採れたので良かったです。 不明な虫…

岩国市M和町でのPT

現在、キュウシュウクロナガオサムシの岩国市内の新しい産地を狙って、色々なところにPTを仕掛けて回っています。 副産物で面白いものが取れないかと期待していますが…今のところは普通に見られている種ばかりです。 オオセンチ混じらないかなぁ(=p=)

FITで得られたヒグラシ

某日本三大名橋かつ奇橋の橋周辺にある山に仕掛けているFITを確認に行くとヒグラシが落ちていました。あまりカメムシ目、特にセミ科は全く採っていなかったのですが、地表に置くタイプのFITにセミが落ちてるのは初めて見たので持ち帰ることにしました。 ヒグ…

タマムシ

決して珍しい種ではありませんが、ムシを始めた当初から採りたかったタマムシ(別名ヤマトタマムシ。標準和名はタマムシです。)を、先日採集することが出来ました。 採集地は、自分がよく行く卓球場近くのコンビニでした。当地ではコガタノゲンゴロウを初めて…

島根県某所でとった材

昨年度の冬、生まれて初めて材採集というのをしました。 狙いはルリクワガタ類で、それらは広島のN様からご教示頂いた採集地に、Y先生のアドバイスを参考にして置きっぱなしにしています。 他の甲虫の幼虫は持ち帰って家に置いていました。今まで、幼虫か…

R漢山でスィーピング

梅雨の晴れ間をぬって、R漢山で10分ほどスィーピングしてきました。 私は捕虫網をもっていないので、今回も河川採集用の手網で採集しました。 セアカツノカメムシAcanthosoma denticauda Jakovlev, 1880 初ツノカメムシでした。 ムナグロホソアリモドキ Sapi…

関西で得られたセンチコガネ類

この前ブログにも書きましたが、6月下旬に関西で、センチ類を狙った糞トラップを設置しました。 先日、設置して下さった方に、回収に行って頂き、また、得られたムシの処理までして頂いいてから、センチ類を送付して頂きました。 本当に感謝感激です。 送っ…

ニホンアカザトウムシ

久しぶりにニホンアカザトウムシPseudobiantes japonicusを発見しました。 河畔林内で朽木を転がしたら、引っ付いていました。 飼育してみようと思っていたのですが、暑さで天に召されました…。 液浸標本にしようと、保存液をいれたサンプル瓶に入れようとし…

外灯下での採集

21時半ごろに自宅近くの葬儀場の看板下へ虫を取りに行くのが春~秋にかけての日課です。 周辺は田んぼ、川、山に囲まれているところで、どちららかといえば水辺の昆虫が多いです。 モンキマメゲンゴロウ Platambus pictipennis (Sharp, 1873) エリトラの黄…

R漢山のコガネムシ科2種

昨日から、先月のR漢山での採集物を標本にしはじめました。 タトウを漁っていると、まさかのマメダルマコガネと思われる種が数個体入っているのに気付きました。 本種はさなぎ粉をベイトにしたピットフォールトラップで得られていました。 多数落ちていたと…