ただの虫好きの日記

山口県東部で甲虫・ザトウムシ・アリ・水生昆虫などを採って遊んでいます。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。連絡先⇒kawaanago0305@yahoo.co.jp

金城ふ頭駅(愛知県名古屋市)周辺のアリ

愛知に数日間滞在する用事があったので、その空き時間を利用してアリを採集してみました。 採集日は2017年9月22日で、10時から1時間ほど歩道を歩きながら採集しました。 せっかく標本にしたのですが、愛知の記録を発表するあてが無いので(大した種も採れてい…

ホタルの里ミュージアム研究報告書9号

密かに山口県東部で採集した昆虫類の記録を、ホタルの里ミュージアム研究報告書へ投稿させて頂きました。辻雄介・相本篤志(2017)山口県東部におけるコガシラミズムシ科(コウチュウ目)の採集記録.豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書,(9):63-66.辻雄介(2…

河川敷に造られた畑の脇でマルトゲムシ科2種を採集

3月の終わりに、市街地周辺の畑でマルトゲムシ科2種を採集しました。 以前、採集した外来と思われるMicrochaetes sp.以外でのマルトゲムシは初採集なので非常に嬉しいです。全てアスファルトの上で採集しましたが、刈られた(抜かれた)草が置かれている所の下…

田んぼの畔でニホンアカザトウムシを採集

樹林内の林床にある石や朽ち木の下で良く見付かるニホンアカザトウムシですが、この間、近くの里山で、イメージしているニホンアカザトウムシの生息環境とは掛け離れた、陽の当たる田んぼの畔で発見しました。採集環境 腐竹を裏返すと… 下にいました アリを…

アミメアリ

アミメアリは、こちらでは普通に見られる体長2.5mm程のアリです。 岩国市では、自宅アパートの庭(石しかありません)や河川敷で採集しました。 頭部と胸部には光沢がなく網目状の隆起があるのが特徴です。 アリは女王のみが産卵し、働きアリ(ワーカー)は…

砂浜海岸で採集したツヤシリアゲアリとアリヅカコオロギ

更新が半年近く滞ってしまいました。 虫採りを休んでいたわけではありませんが、虫以外の事が少し忙しく更新をサボっておりました。 その間に、アリ(昆虫綱 ハチ目 アリ科)にドップリとハマってしまっていました。 アリは今までスルーしていた分類群で、標…

G牧場の大型マグソ2種

お世話になってるG牧場に生息している大型のマグソコガネは、オオマグソコガネとオオフタホシマグソコガネの2種います。 オオフタホシマグソコガネ 国内に類似種はいません。生きている時は上翅の黄色がさらに綺麗でたまりません。木の影になるような環境や…

フトカドエンマコガネとクロマルエンマコガネ

普通種でよく似ているフトカドエンマコガネとクロマルエンマコガネ。 ずっと放置してましたが、やっとフンチュウの同定を進め始めました。マグソでがっつり止まってますが…。フトカド クロマル 前胸背板の前角 フトカド 前胸背板の前角 クロマル 上翅 フトカ…

トゲザトウムシ

ブナ帯以上の標高では最普通種らしいトゲザトウムシ。眼丘の前の方に3本のトゲがあるのが特徴です。

ニホンニセタテヅメザトウムシ

ニホンニセタテヅメザトウムシは山地のブナ帯以上の標高に分布し、主に落葉層に生息する体長2mmほどの小型のザトウムシです。先日、ガレ場掘りに同行させて頂いた時に初めて採集することができました。超絶うれしい!!これで山口県には似ているヒメタテヅメ…

ヒコナミザトウムシ

ヒコナミザトウムシはモエギに次いで最も普通に見られるザトウムシです(自分の住む地域の場合)。 オオナミザトウムシやサトウナミザトウムシ類とは、背面が黒っぽくて艶があることと、腹部の下の方が白いことで容易に区別できます。左が♀ 右が♂ ♀は成体にな…

ヒトハリザトウムシのゲニ

近くの川の河口へ、海岸性のヒトハリザトウムシを観察しに行きました。 かなり冷えてきましたが、まだ活動しています。 1月にも成体が見られることもあるようなので、来月も確認しに行ってみよう思います。どちらも同時期に同じ場所で採集した成体ですが、色…

コアカザトウムシ

ザトウムシに、だいぶハマって来てしまいました。 一生ザトウムシすることになりそうです。Y井市の竹林で採集したコアカザトウムシ。 はじめてフィールドで見付けることができました。体長は非常に小さくて1.2mm程です。 動作は緩慢で、触ると縮こまります。…

アカハライモリの集団越冬?

同行させて頂いた方が採集されたのですが、ガレ場のごく狭い範囲に11頭ものアカハライモリが出てきました。検索をかけるとNature studyに集団越冬の記事がありましたが、他に集団で越冬している本種の情報はありませんでした。あまり見られない例でしょうか…

ニホンアカザトウムシ

先日、ガレ場掘りに連れていっていただきました。 今までの人生で1度しか経験がなかったので、大変、勉強になりました。目的のゴミムシとサンショウウオは確認できませんでしたが、ザトウムシはよくいました。ほとんどはニホンアカザトウムシでした。 ニホン…

J山で採集会

お知り合いの方に誘って頂き、植物屋の皆様とN町で採集をする機会に恵まれました。 初めて冬虫夏草の実物(ハチタケ?)を見ることができ、感動でした。 カメラを忘れてしまって写真を撮れなかった事が悔やまれます。 南西諸島ではザトウムシに寄生する冬虫…

ガムシ類とそれについてたダニ

前の記事と前の前の記事の奴らと同じ場所で採れたガムシの仲間。いっぱい居ました。 腹部を見るとダニが2頭!ミズダニとかいうやつの類でしょうか。 ダニもガムシも名前はわかりません!

カタビロアメンボ…

難関のカタビロアメンボにやっと手を出し始めましたが、速攻で躓いています。 ♂交尾器の摘出の難しさが、今までやってきた虫たちの比じゃないです。コオナガミズスマシまでのサイズは、なんとか肉眼でやれてた気がするのですが、今回は顕微鏡を使っても上手…

ヒメイトアメンボ

ようやくヒメイトアメンボをゲットしました。 昨日、自宅近くのため池にて採集しました。本種の好む開放的な環境でした。岸の近くをトコトコと歩いていました。水生植物はガマしか生えていないような環境で、あまり期待はしていませんでしたが、とりあえず入…

ガガブタネクイハムシ

ちかくの行きつけのため池に行ってました。 ジュンサイハムシが大半でしたが、1割ぐらいネクイハムシが混じっていました。5分ほど採集し、2個体を持ち帰りました。 裏側ですが、腹部には1対のコブがあります。 次に、触角をみると第2節と3節がほぼ同じ長さで…

オキナワイトアメンボの♂と♀

今日は昼からの用事の前に、ヒメイトアメンボを探しに行ってきましたが1時間やって空振り。 田んぼを探せばあっちゅうまなのだと思いますが、田んぼは距離的な意味以外で行き辛いため、採集はあまりしないことにしてます。悔しいので唯一持ってるイトアメン…

オキナワイトアメンボの腹部の突起

オキナワイトアメンボは沖縄のみでなく、関東以南の本州や九州などに分布しているアトアメンボ科の細長いアメンボです。 分布域の被る同属のヒメイトアメンボに似ていますが、同定は比較的容易です。 ちなみに、2種とも本州西部や九州では普通に見られるイト…

アキオサムシの交尾片

隣の市に埋めてたトラップに、普通サイズのアキオサの中に1頭だけ少し大きいアキオサが入っていました。見た目はアキオサですが万が一…と思って交尾器を抜いて交尾片を確認しましたが、やっぱりただのアキオサでした。がーん。 春繁殖型のアキオサはこの時期…

オオキベリアオゴミムシの幼虫

オオキベリアオゴミムシの幼虫は特異で興味深い生活をしています。 ・幼虫期の主食はカエル。 ・喉?あたりにぶら下がるように噛みつき、寄生する。 ・すぐには寄主を殺さず、じわじわと時間を掛けて衰弱させていく。 ・宿主が衰弱死すると、別のカエルにま…

ヤスマツアメンボ

コセアカメンボに似ていますが、一回りヤスマツの方が小さいです。尻付近の突起がほとんど出ないことや雄の腹部の下の方に特徴的な模様があることで容易に区別できます。 雄の腹部ですが、ヤスマツでは黒い太めなV模様があるようです。 左がコセアカで右が…

日本のアメンボ上科メモ リスト

文献は持っていないので、ググって調べたネット上の記事、オープンアクセスの論文等から簡単に日本のアメンボと既知の分布域をリストしてみました。まだ途中ですが、自分が確認できた日本にいるアメンボは52種でした。間違いなどあるかと思いますので、ご指…

コオナガミズスマシの雌雄の交尾器

コオナガミズスマシがいっぱい採れたので、交尾器を見てみました。 …初めてでどれがどれかわからず、2個体を無駄にしてしまいましたorz 肉眼では厳しいので自宅にも顕微鏡がほすぃ…。 Aさんに教えてもらいましたが、オナガミスマシ類も多くのオサムシ類がゲ…

夜間の自販機に集まっていたちっちゃいゾウムシ3種

23時頃に自販機で飲み物を購入した時についでに集まっていた甲虫を採集しました。特に体長数mmのゾウムシが集まっていました。 左がオオミズゾウムシTanysphyrus major(S々木にご教示頂きました。)。 中心と右の2種は、以前、自宅周辺で採集した小さいゾウム…

イネネクイハムシ

ハムシはあまり採りませんが、ネクイハムシは好きという、ただのミーハーです。イネネクイしか持ってませんが…←ちょうどこの前、図鑑をもらったので、早速、同定してみました。 腹部の第1節が長い➡ネクイハムシ属 前胸背板は横向きのシワが多い。 雄の腹部に…

カツオブシムシの1種

カツオブシムシ類は1頭も標本を持っていなかったので初です!