ただの虫好きの日記

山口県東部在住。甲虫目・アリ科・水生昆虫・ザトウムシ目などを採って遊んでいます。素人なため、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。連絡先⇒kawaanago0305@yahoo.co.jp

岩国市某所のアカサビザトウムシ

山口県岩国市某所で同所的に同時期に得られるアカサビザトウムシ。 中間もいるので交雑帯な気がします。 ここ以外の県東部では3枚目のクロオビ型しか採集したことがありません。

山口県がタイプロカリティのコウチュウ目①

コウチュウ類は文献は少しは集めているのですが、多過ぎてほとんど入力できていません…。なので①としました。 並びははちゃめちゃです(近い内に整理します)。 シノニムになってる場合は()内に現在の学名を示しました。 また、不明なものは今回は保留にしてい…

山口県がタイプロカリティのムカデ・ヤスデ①

同定などはサッパリですが、県内の標本が使用された記載論文が手元にいくつかありましたので、せっかくなのでまとめてここに公開します。 配列はめちゃくちゃです。 ムカデ綱Chilopoda イシムカデ目Lithobiomorpha イシムカデ科 Lithobiidae ナガトヒトフシ…

山口県のクサカゲロウ科・ヒメカゲロウ科(アミメカゲロウ目)(途中)

なんとなく昔から興味を持っていたアミメカゲロウ目のクサカゲロウ科とヒメカゲロウ科の記録種をリストしてみました。 例のごとく配列はバラバラです。適当にしか集められていないのでガバガバです。ご容赦ください。 シノニムも出来るだけチェックしたつも…

周辺県で記録されているカマアシムシ類について

以下はImadate et al. (1983)およびImadate et al. (1991)のみの情報です。 今後、追加して行く予定です。 科もバラバラの50音順。 岡山県 アサヒカマアシムシウダガワカマアシムシカマアシムシクロシオカマアシムシサイコクカマアシムシタカナワカマアシム…

山口県のカマアシムシ類(途中経過)Ver.2

山口県内の記録を確認できたカマアシムシ目のリストです。 和名のみで配列は50音順です。 以下の12種が確認できました(2018.6.28追加)。 ウエノカマアシムシ カグヤカマアシムシ カマアシムシ クロシオカマアシムシ サイカイカマアシムシ サイコクカマアシム…

山口県のアザミウマ類(途中経過)

アブラムシ、カイガラムシに続きアザミウマ類の県内記録種をまとめました。 例によって途中経過です。まだまだまだ調べるべき文献は…。 手元の資料では以下の15種が確認できました。50音順なのはご勘弁ください。 (その後25種まで記録を確認できました。201…

山口県のアブラムシ類(途中経過)Ver.2

まだまだまだまだまだ入力しないといけない文献がたまっていますが…。 入力に疲れたので現時点までに記録を拾えた種をリストアップしてみました。 面倒なので50音順のままで和名だけ。 以下の78種(2018.5.25更新)の記録を拾えました。(その後、200種以上に…

山口県レッドリスト2018・山口県外来種リストが公表されました

密かに山口県希少野生動植物保護対策検討委員会 昆虫類・クモ類専門部会の委員として参加しております。 先月の終わりに成果の第一弾が以下の通り公表されましたのでお知らせいたします。 山口県レッドリスト2018 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cmsdata/1/…

山口県の自然 第77号(2017年発行)

山口県立山口博物館さまが発行している山口県の自然に以下の報告を掲載して頂きました。 辻 雄介(2017) ケアシザトウムシおよびコアカザトウムシの山口県東部における新産地. 山口県の自然, 77:71-72. 篩いなどで得られた小型のザトウムシ2種を県東部から報…

山口県の自然 第78号(2018年発行)

山口県立山口博物館さまが発行している山口県の自然に以下の報告を掲載して頂きました。 辻 雄介(2018) 錦川河口部(岩国市)におけるヒトハリザトウムシの記録および若干の生態的知見. 山口県の自然, 78:5-10. 岩国市から未記録であったヒトハリザトウムシを…

山口県立山口博物館研究報告 第42号 (2016年発行)

山口県立山口博物館さまの研究報告に以下の報告を掲載して頂きました。 辻 雄介・下野誠之・田中 浩(2016) 山口県立山口博物館に所蔵されていたヤコンオサムシ. 山口県立山口博物館研究報告, 42: 7-10. これまで山口県産のヤコンオサムシについては何亜種な…

豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書 第10号(2018年発行)

豊田ホタルの里ミュージアムさまの研究報告書に以下の3編の報告を掲載して頂きました。 趣味で楽しみながらやっているただの素人なのですが、形になると嬉しいです。 《原著》 辻 雄介(2018) 山口県におけるアリ科の分布調査. 豊田ホタルの里ミュージアム研…

山口のむし No.17(2018年発行)

山口県の地方同好会誌である山口のむしへ以下の短報を掲載して頂きました。 本号はかなり分厚く、百数十編の報告が掲載されています。 辻雄介(2018) 県東部で採集したマルトゲムシ科2種の記録. 山口のむし, 17: 101. ドウガネツヤマルトゲムシ・シラフチビマ…

山口のむし No.16(2017年発行)

県内の同好会誌に以下の短報を掲載して頂きました。 若気の至りで連発してしまいました…。 辻雄介(2017) 山口県におけるネクイハムシ類2種の記録. 山口のむし, 16: 100. イネネクイハムシ・ガガブタネクイハムシを主に県東部から記録しました。 下野誠之・辻…

山口県の昆虫類に関する文献調査

今までサボっていたのですが、この秋~冬にかけて、図書館に籠ったりネットサーフィンしたりとひたすら文献を収集しておりました。 (自分が少しでも興味を持っている分類群(コウチュウ目、カメムシ目、ゴキブリ目、ハサミムシ目、カマキリ目、シラミ目、ア…

山口のむし No.15(2016年発行)

県内の昆虫同好会誌である山口のむしに以下の短報を掲載して頂きました。 辻雄介 (2016) セスジカクマグソコガネの採集記録. 山口のむし, 15: 112. 前自宅アパートの玄関外灯で採集されたセスジカクマグソコガネについて報告しました。県内ではチョコチョコ…

山口のむし No.14 (2015年発行)

山口のむしは山口むしの会が発行する同好会誌で、年一回の発行です。チョウ目に関する報告が充実してるのが特徴です。 本号に掲載して頂いた報告は以下の3本です。この頃から虫を始めたニワカなので、これが初めての報文になります。 辻雄介(2015) 岩国市の…

岩国市のアマミサソリモドキ

佐伯英人(2018) 山口県岩国市におけるアマミサソリモドキの採集記録(その2). 山口県の自然, 78:1-4. 前報の続きのようです。山口の自然の前号を持っていないので、その1がみれてません‥orz 2016年に岩国市の港で、一般の方が複数回、アマミサソリモドキ…

金城ふ頭駅(愛知県名古屋市)周辺のアリ

愛知に数日間滞在する用事があったので、その空き時間を利用してアリを採集してみました。採集日は2017年9月22日。 10時~11時に歩道を歩きながらアリを探しました。標本にした(殺した)生物は出来るだけ記録として残すべきだ、というのが自分の勝手な考えな…

豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書 9号 (2017年発行)

豊田ホタルの里ミュージアム様の研究報告書に以下の2本の記録を掲載して頂きました。 辻雄介・相本篤志(2017) 山口県東部におけるコガシラミズムシ科(コウチュウ目)の採集記録. 豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書, 9: 63-66. 県内では情報が非常に少ない…

岩国市市街地の河川敷でマルトゲムシ科2種を採集

3月下旬に市街地周辺の河川敷につくられた畑の脇でマルトゲムシ科2種を採集しました。マルトゲムシ科は外来のMicrochaetes sp. 以外は採集した事がなく、嬉しいです。全個体、舗装路上での採集です。 抜かれた草の下から多くの個体が得られました。 ドウガネ…

田んぼの畔でニホンアカザトウムシを採集@周南市

ニホンアカザトウムシは体長4mm弱のザトウムシで樹林内の林床にある石や朽ち木の下で良く見付かける普通種です。湿度の高保たれた樹林内にいるイメージだったのですが、先日、田んぼの畦で本種を発見しました。採集環境 腐竹を裏返す 結構アチコチ動き回って…

砂浜海岸で採集したツヤシリアゲアリとアリヅカコオロギ@光市

いつの間にかアリにドップリとハマってしまっていました。 アリは今までスルーしていて標本は手元に無かったのですが、今年の2月に海岸性昆虫を採集していた時に得られたツヤシリアゲアリをキッカケに、一気にのめり込んでしまいました。 採集場所 ツヤシリ…

G牧場の大型マグソコガネ2種@周南市

大変お世話になっている周南市のG牧場に生息している大型のマグソコガネについて紹介します。オオフタホシマグソコガネ 国内に類似種はいません。生きている時はエリトラの黄色が綺麗でたまりません。 影になるような所や林内にされた糞(ここの放牧場は柵が…

G牧場のフトカドエンマコガネ・クロマルエンマコガネ@周南市

フトカドエンマコガネとクロマルエンマコガネは普通に見られる種でよく似ています。フトカドエンマコガネ クロマルエンマコガネ フトカドエンマコガネの前胸背板の前角 クロマルエンマコガネの前胸背板の前角 フトカドエンマコガネの上翅 クロマルエンマコガ…

岩国市の山地で採集したトゲザトウムシ

トゲザトウムシはブナ帯以上の標高の山地では普通に得られる体長6mm程のザトウムシです。幼生 眼丘の前の方に3本のトゲがあるのが特徴です。 樹上や葉上に居ることが多いですが、地表FITにもよく落ちます。 イラカザトウムシやヒライワスベザトウムシなんか…

周南市の山間部でニホンニセタテヅメザトウムシを採集

ニホンニセタテヅメザトウムシはブナ帯以上の標高の山地の、主に落葉層に生息する体長2mmほどの小型のザトウムシです。先日、ガレ場掘りに同行させて頂いた時に初めて採集することができました。超絶うれしい!! 山口県には似ているヒメタテヅメザトウムシ…

ヒコナミザトウムシ

山口県東部ではヒコナミザトウムシが最も普通に見られるザトウムシのような気がします。 同属のオオナミザトウムシやサトウナミザトウムシ類とは、背面が黒っぽくて艶があることと、腹部の下の方が白いことで容易に区別できます(山口県では)。左♀ 右♂ 本種…

柳井市で採集したコアカザトウムシ

柳井市の竹林で採集したコアカザトウムシ。 シフティング等では採集した事がありますが、はじめてルッキングで見付けることができました。体長は非常に小さくて1.2mm程です。 動作は緩慢で、触ると縮こまります。 リターに生息する種で、低標高地の各種森林…