ただの虫好きの日記

山口県東部で甲虫・ザトウムシ・アリ・水生昆虫などを採って遊んでいます。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。連絡先⇒kawaanago0305@yahoo.co.jp

金城ふ頭駅(愛知県名古屋市)周辺のアリ

愛知に数日間滞在する用事があったので、その空き時間を利用してアリを採集してみました。
採集日は2017年9月22日で、10時から1時間ほど歩道を歩きながら採集しました。
せっかく標本にしたのですが、愛知の記録を発表するあてが無いので(大した種も採れていないので)、このブログに採集した種を載せておくことにします。


1.クロニセハリアリ(?)
1個体だけ発見しました。生息環境的にクロニセハリアリとは思いますが、手元にサンプルが少なく?としました。ご教示お願いしますorz
f:id:kawaosamushi:20171021162030j:plain

2.ルリアリ
草地に捨てられた段ボールに営巣していました。そこ以外では確認できず。
f:id:kawaosamushi:20171021162226j:plain

3.アワテコヌカアリ
世界各地で見られる放浪種(人間の活動に付随して分布を広げた移入アリ)。クロヒメアリやサクラアリと同所的に見られました。草地の端っこを群れになって歩行していました。電信柱のステーワイヤー?の下側に巣があるようでした。
f:id:kawaosamushi:20171021162843j:plain

4.クロヤマアリ隠蔽種群
歩道などの裸地を活発に歩き回っていました。
f:id:kawaosamushi:20171021162400j:plain

5.サクラアリ
主に草の生えている所やその回りで見られました。
f:id:kawaosamushi:20171021163208j:plain

6.ウメマツオオアリ
駅の階段を降りて目の前にある木で採集しました。市街地の植え込みなどでも見られる樹上性のアリで、当地でも同様でした。
f:id:kawaosamushi:20171021163357j:plain

7.アミメアリ
市街地でよく見るアリTOP3に入る種です。当地でも普通に見られました。
f:id:kawaosamushi:20171021163530j:plain

8.トビイロシワアリ
個人的には市街地でもっとも遭遇する種です。コンクリートを突き破って生えている植物の根際では高い確率で確認している気がします。
f:id:kawaosamushi:20171021164129j:plain

9.クロヒメアリ
黒くてツヤツヤしていて綺麗なアリです!寺山さんのアリ図鑑では熱帯原産と記述されています。
f:id:kawaosamushi:20171021164304j:plain

10.ハダカアリsp.
放浪種と思われている種です。ハダカと言う和名ですが短くてグデーとなっている毛は生えています。裸地にいます。カドもしくはトゲと思いますが、私のレベルでは確定できませんのでsp.としています。
f:id:kawaosamushi:20171021164507j:plain

11.ハリナガムネボソアリ
拡大すると全然ですが、野外で肉眼で見るとトビイロシワアリに似ています。
[f:id:kawaosamushi:20171021164612j:plain

12.インドオオズアリ
歩道のアチコチにいました。同じような環境を好むオオズは見つけられませんでした。
f:id:kawaosamushi:20171021164814j:plain

13.ハリブトシリアゲアリ
ウメマツオオアリとともに市街地の樹上で良く見るアリです。あちこちの木で見られました。
f:id:kawaosamushi:20171021165058j:plain


1時間ほど探索しましたが、13種しか採集出来ませんでしたorz 力不足を痛感します。
今回は歩道と隣接する植え込みなどでしか採集していませんが、しっかり探すとまだまだ多くの種がいそうな雰囲気です。
アリは今年の2月から始めたばかりの素人ですが、ドップリはまってしまいました。最近は市街地のアリに興味津々なので、今後も暇を見つけて街に繰り出そうと思います。


ホタルの里ミュージアム研究報告書9号

密かに山口県東部で採集した昆虫類の記録を、ホタルの里ミュージアム研究報告書へ投稿させて頂きました。

辻雄介・相本篤志(2017)山口県東部におけるコガシラミズムシ科(コウチュウ目)の採集記録.豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書,(9):63-66.

辻雄介(2017)山口県におけるMicrochaetes属(マルトゲムシムシ科)の一種の初記録.豊田ホタルの里ミュージアム研究報告書,(9):105-106.

お世話になった方々のお陰で、なんとか投稿する事ができました。深く感謝を申し上げます。
力不足で反省する所も多く、もっと勉強しなくてはと痛感しております…!


PDFが公開されているので、よろしければ、ご笑覧下さい。山口県で自然史の研究をされている方々の報文も掲載されており、重要ですし、読みごたえのある論文ばかりです!
http://www.hotaru-museum.jp/printed%20by%20thm.html

私が書いた報文は、別刷も有りますので、ご入り用の方はご連絡を頂ければ、ご送付させて頂きます。
また、お世話になっている方々には、まとめてお送りさせて頂きますので少々お待ち下さると助かります!

河川敷に造られた畑の脇でマルトゲムシ科2種を採集

3月の終わりに、市街地周辺の畑でマルトゲムシ科2種を採集しました。
以前、採集した外来と思われるMicrochaetes sp.以外でのマルトゲムシは初採集なので非常に嬉しいです。

全てアスファルトの上で採集しましたが、刈られた(抜かれた)草が置かれている所の下から得た個体が9割でした。
f:id:kawaosamushi:20170422181521j:plain

ドウガネツヤマルトゲムシは2個体しか採れず、1個体は飛んで居ました。
f:id:kawaosamushi:20170422182035j:plain
f:id:kawaosamushi:20170422182044j:plain

シラフチビマルトゲムシは、ドウガネツヤよりも多く、採集した個体数(10個体)の数倍は確認しました。
f:id:kawaosamushi:20170422182438j:plain
f:id:kawaosamushi:20170422182515j:plain

また、シラフチビはテネラルと思われる個体が半数以上でした。
通常個体の腹側
f:id:kawaosamushi:20170422182611j:plain
テネラルと思われる個体の腹側
f:id:kawaosamushi:20170422182709j:plain
3月下旬に羽化するのでしょうか。

田んぼの畔でニホンアカザトウムシを採集

樹林内の林床にある石や朽ち木の下で良く見付かるニホンアカザトウムシですが、この間、近くの里山で、イメージしているニホンアカザトウムシの生息環境とは掛け離れた、陽の当たる田んぼの畔で発見しました。

採集環境
f:id:kawaosamushi:20170422170727j:plain

腐竹を裏返すと…
f:id:kawaosamushi:20170422170915j:plain

下にいました
f:id:kawaosamushi:20170422170925j:plain

アリを採集する目的で竹林内の腐竹を割ると、たまに出てくる事があるので、運ばれた竹について移動したのかなと推測していたのですが、ザトウムシ屋の方のホームページを拝見すると、田んぼの畔で採集されるというような記述もあり、普通に見られる事なのかも知れません。
今回は1個体しか見付けられませんでしたが、機会があれば(水田は私有地なので…採集時には植生調査に同行して水田に入りました)、もっと詳しく(他にもいるのか、再生産しているのか、少し離れた所にある山林から加入しているのか)調べてみたいです。
ひ弱そうに見えますが、意外と適応できる環境の幅は広いのかもですね…!

アミメアリ

アミメアリは、こちらでは普通に見られる体長2.5mm程のアリです。

岩国市では、自宅アパートの庭(石しかありません)や河川敷で採集しました。

自動代替テキストはありません。

頭部と胸部には光沢がなく目状の隆起があるのが特徴です。

f:id:kawaosamushi:20170421164247p:plain

アリは女王のみが産卵し、働きアリ(ワーカー)は産卵しないのが普通ですが、アミメアリは女王を持たず、ワーカーが単為生殖によって殖えるという非常に珍しい繁殖生態を持っています。日本には295種程のアリが確認されているようですが、アミメアリでしか知られていないようです。

たまに女王や雄アリが出現するようですので、ぜひとも見てみたいです。

 

山口県や特に岩国市のアリの情報を集めていますので、何か情報や標本などを提供下さるという神や仏のような方がおられましたら、メールにて御一報を頂けると幸いです。

宜しくお願い申し上げます。

 

砂浜海岸で採集したツヤシリアゲアリとアリヅカコオロギ

更新が半年近く滞ってしまいました。

虫採りを休んでいたわけではありませんが、虫以外の事が少し忙しく更新をサボっておりました。

 

その間に、アリ(昆虫綱  ハチ目 アリ科)にドップリとハマってしまっていました。

アリは今までスルーしていた分類群で、標本は手元に全く無かったのですが、2月に海岸性昆虫を採集していた時に得られたツヤシリアゲアリという種をキッカケに、一気にのめり込んでしまいました(まだ二ヶ月ちょっとなので)。

 

採集場所

f:id:kawaosamushi:20170421163429p:plain

手前ではなく、奥の方で採集しました。

 

ツヤシリアゲアリ

f:id:kawaosamushi:20170421163306p:plain

f:id:kawaosamushi:20170421163338p:plain

 

ツヤシリアゲアリと同時に得られたアリヅカコオロギ

f:id:kawaosamushi:20170421163214p:plain

 

砂篩いをしたのですが、小さい朽ち木(縦10cm×横15cm程)も一緒にガサガサした時に採集できました。

アリヅカコオロギについてはホストのアリから推定できるようになるとのことなので、今後の研究を楽しみにしております。

 

 

 

G牧場の大型マグソ2種

お世話になってるG牧場に生息している大型のマグソコガネは、オオマグソコガネとオオフタホシマグソコガネの2種います。

オオフタホシマグソコガネ
f:id:kawaosamushi:20161218113847j:plain
国内に類似種はいません。生きている時は上翅の黄色がさらに綺麗でたまりません。木の影になるような環境や林内にされた糞よりは、オープンな明るい環境にある糞から多く見つかります。林内の牛の糞(当牧場の放牧場には柵がなく、山にも牛がドンドン入ってます)からは少数です。

オオマグソコガネ
f:id:kawaosamushi:20161218113945j:plain
G牧場では50個体ほど見ましたが、同じタイプの色しか出てきませんでした。類似種にニセオオマグソコガネという種がいますが、上翅間室の点刻の数や縁取りで見分けられるようです。

オオマグソの上翅
f:id:kawaosamushi:20161218114616j:plain

条溝のくっきりさが違っている2タイプがありましたが個体差でしょうか。
f:id:kawaosamushi:20161218114715j:plain
f:id:kawaosamushi:20161218114831j:plain

むつこいですが、素晴らしい図鑑も出ているので頑張って同定を進めていこうと思います

フトカドエンマコガネとクロマルエンマコガネ

普通種でよく似ているフトカドエンマコガネとクロマルエンマコガネ。
ずっと放置してましたが、やっとフンチュウの同定を進め始めました。マグソでがっつり止まってますが…。

フトカド
f:id:kawaosamushi:20161218111801j:plain

クロマル
f:id:kawaosamushi:20161218111945j:plain

前胸背板の前角 フトカド
f:id:kawaosamushi:20161218112303j:plain

前胸背板の前角 クロマル
f:id:kawaosamushi:20161218112318j:plain

上翅 フトカド
f:id:kawaosamushi:20161218112439j:plain

上翅 クロマル
f:id:kawaosamushi:20161218112610j:plain

比べると違いますね…!
でもパッと見は区別がつかないです…!

トゲザトウムシ

ブナ帯以上の標高では最普通種らしいトゲザトウムシ。

f:id:kawaosamushi:20161211111315j:plain

眼丘の前の方に3本のトゲがあるのが特徴です。

f:id:kawaosamushi:20161211111547p:plain

ニホンニセタテヅメザトウムシ

ニホンニセタテヅメザトウムシは山地のブナ帯以上の標高に分布し、主に落葉層に生息する体長2mmほどの小型のザトウムシです。

f:id:kawaosamushi:20161210171521j:plain

先日、ガレ場掘りに同行させて頂いた時に初めて採集することができました。超絶うれしい!!これで

f:id:kawaosamushi:20161210171829j:plain

山口県には似ているヒメタテヅメザトウムシも生息していますが、ヒメタテヅメザトウは一回り小さいようです。

正確な同定には♂の交尾器をチェックしないといけませんが、ピンセットと針でゲニを取り出そうとしたらバラバラになってしまいました…。

追加を採りにいかなければ…。

ヒコナミザトウムシ

コナミザトウムシはモエギに次いで最も普通に見られるザトウムシです(自分の住む地域の場合)。
オオナミザトウムシやサトウナミザトウムシ類とは、背面が黒っぽくて艶があることと、腹部の下の方が白いことで容易に区別できます。

左が♀ 右が♂
f:id:kawaosamushi:20161204172540j:plain
♀は成体になって卵巣が発達すると腹部が肥大します。

コナミ♂のゲニ
f:id:kawaosamushi:20161204172634j:plain
封入されてます。取り出そうとしたら壊れてしまいました…!
♀の交尾器はチューブ状です。

ヒトハリザトウムシのゲニ

近くの川の河口へ、海岸性のヒトハリザトウムシを観察しに行きました。
かなり冷えてきましたが、まだ活動しています。
1月にも成体が見られることもあるようなので、来月も確認しに行ってみよう思います。

f:id:kawaosamushi:20161204170939j:plain

どちらも同時期に同じ場所で採集した成体ですが、色や体サイズに少し違いがあります。
f:id:kawaosamushi:20161204171152j:plain

ヒトハリザトウムシ♂の交尾器
f:id:kawaosamushi:20161204171321j:plain
f:id:kawaosamushi:20161204171348j:plain
簡単にスルスルと抜けて、取り出しやすかったです。

コアカザトウムシ

ザトウムシに、だいぶハマって来てしまいました。
一生ザトウムシすることになりそうです。

Y井市の竹林で採集したコアカザトウムシ。
f:id:kawaosamushi:20161204152945j:plain
はじめてフィールドで見付けることができました。

体長は非常に小さくて1.2mm程です。
f:id:kawaosamushi:20161204153042j:plain

動作は緩慢で、触ると縮こまります。
f:id:kawaosamushi:20161204153116j:plain

リターに生息する種で、低標高地の各種森林で見られるようです。

アカハライモリの集団越冬?

同行させて頂いた方が採集されたのですが、ガレ場のごく狭い範囲に11頭ものアカハライモリが出てきました。

f:id:kawaosamushi:20161204150959j:plain

検索をかけるとNature studyに集団越冬の記事がありましたが、他に集団で越冬している本種の情報はありませんでした。

あまり見られない例でしょうか。それとも普通に集団で越冬しているのでしょうか。気になります。

ニホンアカザトウムシ

先日、ガレ場掘りに連れていっていただきました。
今までの人生で1度しか経験がなかったので、大変、勉強になりました。目的のゴミムシとサンショウウオは確認できませんでしたが、ザトウムシはよくいました。

ほとんどはニホンアカザトウムシでした。
f:id:kawaosamushi:20161204145905j:plain

ニホンアカは危険を感じた時、腹部の横の方から臭いのする白い忌避物質を出したりします。
また、以下の写真のように縮こまって動かなくなったりもします。クモみたいです。脚が短く、動作が緩慢な種は、よくこんな感じに脚を畳んで小さくてなる気がします。
f:id:kawaosamushi:20161204145916j:plain

ガレ場から出てくるのは、大半がニホンアカザトウムシでしたが、1頭だけオオアカザトウムシを同行させて頂いた方が採集され、なんと御恵与いただきました!自力では1度しか採集したことがなかったので嬉しかったです。